​鈴木 基史

所属・役職

京都大学公共政策大学院教授(大学院法学研究科教授併任)

 

住所

〒606-8501京都府京都市左京区吉田本町

京都大学公共政策大学院

 

最近の研究動向

近年の個人研究は、次の2つのテーマを中心に展開されている。

 第一のテーマは、日本学術振興会科学研究費補助金基盤(A)「国際制度の衰微と再生の政治経済分析」(代表:鈴木基史)に関わるものであり、国際ガバナンス体系に内在するふたつの問題―

①どの国がその規範体系に参加するのかという「提携形成」の問題

②参加国の間でどのような義務と権利を構築・配分するのかという「制度設計」の問題

を解明することを目指す。

 具体的には、貿易、通貨、金融、環境などの政策レジームにおいて、相互に連関する提携形成と制度設計の問題の実相を、政治経済学的手法を通じて詳細に分析し、効果的なガバナンスの実践に必要な国際制度のありかたを解明する。

 

 第二のテーマは、第一のテーマの関連で、グローバル化の渦中におかれている日本が直面している国際経済レジームの受容・履行という問題を、政治・行政・社会という文脈で分析するものである

kyoto University

© 2018 motoshi suzuki